完全不労所得 保証人サービス

ここでは、「完全不労所得 保証人サービス」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見ず知らずの人の保証人になって、報酬をもらいましょう♪


なんて、言ってもほんとに保証人になってしまう人なんていないですよね。
まず保証人とは、債務者がお金を返せなくなったとき、債務者の代わりに返済する義務を負う人です。
まあ、簡単にいうと、お金をはらう義務のある人が、トンズラこいちゃった場合、代わりに払うと約束することです。


誰だって、こんな約束をするのは嫌ですが、賃貸物件と契約する際にはどうしても必要となってきます。
親になきついて保証人になってもらえば早いですが、一定の収入を得ていないと審査で落とされることがありますし、そもそも家族に頼めない場合だってあります。

そこで登場したのが、保証人紹介サービス保証人代行サービスです。
保証人を必要とする依頼者から依頼料(大体家賃の1ヶ月分程度)をもらうかわりに保証人を紹介してくれます。
保証人自体がいないと、サービスを提供できませんので、こういった保証人サービスでは、常に保証人ボランティアを募集しています。

「保証人になった人が飛んじゃったらどうするの?」
というのが心配ですが、保証人が本来負うべきリスクは保証人サービス業者が肩代わりしてくれます。(登録時にはしっかり確認してください。)


▼報酬までの流れ▼
1、保障人ボランティアとして登録する。
2、保障人紹介の会社から依頼が来る。
3、必要書類を提出し、依頼者の保証人となる。
4、登録先から報酬を受け取る。
直接出向いたりする必要は無く、書類を郵送するだけで報酬を受け取ることができます。


気になる報酬は、契約した家賃の2~3割。
10万円の物件の保証人になれば、書類をだすだけで2万円以上の報酬!!
これは、おいしい(・m・ )

当然保証人となるので、
ニートの方とかはだめですよ。
あと、家に一般電話がないと登録できないことが多いようですが、電話回線引くぐらいの価値はあると思います。

保証人NAVI
↑ここの、保障人募集欄から応募ができます。
この他にも、保証人紹介で検索すると何社か検索できるはずです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。